狩ブロ

やってるゲームを自由に綴る

お知らせ 2021/10/06 ブログ:LiAを更新しました。グローバルメニューBlogから閲覧いただけます。
2021/10/06 オクトラ:オフィーリア二章:フローズヴィトニル攻略。 更新しました。

Unity 備忘録【幸せの青い鳥】②重力付与と羽ばたく力

20210222235944

動くと楽しい

 第1回では、名前はまだない青い鳥を配置し、アニメーションを作成し、鳥さんがパタパタするところまで作成しました。

私は日本語化しているのですが通常英語なので注意です。

ゲームは横スクロールをイメージしています。

今のところ画面比率は16:9で作成しています。

 

第2回では、重力付与 と 簡単な入力で上昇する仕組みを作っていきます。

 

◆重力を付与する

 

付与したいオブジェクトを ヒエラルキー内から選択する。今回はtoriを選択。

右側のインスペクター内からコンポーネントを追加2D物理を選択。

20210223145740

その中から2Dリジッドボディを追加。これだけで重力処理がtoriさんに付与されます。

Unityすごい。 20210223145746

リジッドボディが追加ができたら一度再生してみましょう。

toriさんが落下すれば成功です。

◆羽ばたく力をつけよう

落ちっぱなしはかわいそうなので飛べるようにしたいと思います。

プロジェクト内のキーを押下→C#スクリプト

空のスクリプトが作成されるので名前を変更しておきます。

 

私はtoriFlyにしました

20210223151842

出来上がったC#スクリプトを開きます。

以下のように記述します。

書くのは太字のとこだけで、あとは最初からあるはず。

なかったら書けばOK

}このカッコの数や場所も狂うとエラーになるので注意です。

■toriFly.cs

  1. using System.Collections;
  2. using System.Collections.Generic;
  3. using UnityEngine;
  4. public class toriFly : MonoBehaviour
  5. {
  6.     public float speed = 5;
  7.     void Update()
  8.     {
  9.         if (Input.GetMouseButton(0))
  10.         {
  11.             Move();
  12.         }
  13.     }
  14.     public void Move()
  15.     {
  16.         Vector2 direction = new Vector2(0, 0.1f).normalized;
  17.         GetComponent<Rigidbody2D>().velocity = direction * speed;
  18.     }
  19. }

 スクリプトの役目としては、マウスのボタンを押下している間、オブジェクトの座標を上方向に変更する役目を担う感じです。このスクリプトが羽ばたく力となります。

さっそく付与してみます。

付与の方法は、toriオブジェクトにドラッグ&ドロップするだけ。

20210223154420

マウスを押下している間、鳥さんが上昇すれば成功です。

はい、かわいい。

今回はここまでです。

第3回に続きます。